サイトへ戻る

ちょっと不思議な事

この状況なのであまり私の方の実家には行けていません。

父も以前入院したりの経験があるので、今は行くときではないのかなと思っています。

両親は、私の慣れ親しんだ実家から引っ越しをしていますので、今、私が行く実家は別の場所です。

前の実家はいいも悪いも、いろいろな思い出が詰まっていたので、たまに目が覚めると、ここは昔の実家の私の部屋か?と錯覚を起こしてしまうことがよくありました。

両親が実家をあとにした時、その家をきれいに片づけ、気持ちの整理をしてお別れしたことでしょうが、私は実家に「さようなら」を言っていませんでした。

古い実家に区切りをつけていなかった私が、ある日夢をみました。

夢だったのか、現実なのか、、、今でもわかりません。

私は空気の流れのようにシューッと空中を一瞬で飛んで、実家に行きました。

実家の玄関の前に立ち、中にすっと入り、びっくりするくらいの速さで、びゅんと階段を上って自分の部屋や2階の部屋全部をまわり、1階にもどったあと、部屋をまた一瞬のうちに全部みて、そこを立ち去りました。

目が覚めた時、私は涙していて、気持ち的にはこれで古い実家にありがとうを言えた、さよならを言えた、と思いました。

今でも目が覚めた時、この天井はどの家の天井か?と思う日もたまにあります。

この意味はわかりませんが、きっと自分は懐かしんでいるんだなって思います。

そして、その実家でのいろいろな事も、人生の一部であろうと感じました。

私一人のものではなく、きっと家族一人一人、亡くなった祖母や祖父や、家族の混ざり合ったたくさんの思い出。

空間の中で、一人一人の点と点がネットワーク上のように混ざりあっているような、そんな所。

いま生きてる人も、もうすでにこの世にいない人も、過去も未来もすべて含めて。

家族も、自分も、家も、人生に起こること、起こったことは混ざり合っています。

でもその後、久しぶりに現在の古い実家をgoogleでみてみたのです。

マンションが建っていました。

ついでにと言ったら変ですが、最近行っていないなと、お墓をみてみようと思って、チェックしたら、わりとそばまで行けました。

墓石の名前を見るようなことはできませんが、近くまでは行けたのです。

なんとなくホッとしました。

想いというのは、どこか、空間上、時間を超えてそれを飛び越えて、感じたり、触れたりすることができますね。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。