Return to site

恐れから楽な方へ

あと少しで平成も終わり。

昭和から平成になった時、私は日本にいませんでした。

その土地で、友人そして知らない人も、天皇が亡くなったことにお悔やみ申し上げますと伝えに来てくれる人もたくさんいました。

帰国して、平成になっていた、その時も平成とは?と知らない言葉に慣れずにいました。

こうして今、令和になろうとしている不思議な気持ちにもまた慣れてくる日が来るのでしょうね。

私たちは新しいものを受け入れるとき、古いものを手放したりしています。

新しいものに慣れないけれど、受け入れる(許す)とすんなり、それに抵抗しなくなります。

これはあきらめる事ではない気がします。

ゆだねる事。

それは内側を見るという事でもあるかもしれません。

あることで迷っていた私は、どうしようかな~とずっと思っていました。

でも、それでいいんだと、恐れを手放した途端、それでやっぱりよかった!と思ったのでした。

それは自分を解放することでもあり、それをしてもいいんだと許すことでした。

許したら、なんと楽に感じた事か。

手放す前の恐れは何だったんだろう~と思ったのです。

それは自分にとてもしっくりいって、やっぱりよかった!という心の落ち着きを得られました。

もし、迷っていることがあったら、それは外側に何か求めていないか感じてみてください。

自分の内側でそうしたい!と思っているならば、その真実に向き合ってみて下さいね。

きっと、今日からその扉が開き、その向こうへの第一歩がはじまるのですから。

(写真はアメリカ ユタ州 アーチーズ国立公園で撮影)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly