サイトへ戻る

人生のどんな場面でも

穏やかに観察する

このところ、考えることが山ほどありました。

 

というよりも、頭も実際の生活もとても忙しくなり、身体を休めること、頭を休めることが

難しかったといえるかもしれません。

 

みなさんは、この期間が終わって(実際におわったわけではないですが)、その後生活はどうなりましたか?

 

うちは、夫が前と同じ状況とオンラインレッスンで、二つを同時に生きているような仕事システムになりました。

 

それに慣れるまで、ちょっと大変だなあと思っている今日この頃です。

 

リコネクティブ・ヒーリング状態であるということは、真実でいる状態でもあり、誠実で、本物を求めるでもあります。

 

または、喜んでいる自分を大切にすることでもあり、私たちが無理をしない、心穏やかな状態でもあります。

 

以前から書いているのですが、無理をする自分を遠くから見ると、頑張りすぎている私たちを見るので少々つらく思えてしまいます。

 

目指したいところはきっといいゴールなのですが、もしかしたら、周りと比較して頑張っているのか、私たち自身のペースをつかめないで、焦っている私たちか、新しいものを生み出そうと

する私たちが頑張りすぎているのか。

 

そんな私たちがいるかもしれないです。

 

もし、行っている事が楽しくても、生き方を反映しているかどうか、同じような場所を志している人がいても、私たちらしさをそこに残し、私たちらしく行っているかどうか。

 

それはとても大切な事かもしれません。

 

わたしたちはすべてにそれぞれの色があり、そして、違う色が集まり一つのものがハーモニーとして現れます。

 

オーケストラにして考えると、わかりやすいかもしれません。

 

一つの楽器が奏でる音は、どれをとってもかける事なく、必要です。

 

一人一人が、そうわかっていれば、本当に住みやすい地球になるのでしょうね。

 

心が穏やかに過ごせます。

 

そういったことに気づく事、その自分を観察することができる事、それがリコネクティブ・ヒーリング状態でいられる事なのかもしれません。

 

人生でどんな事があったとしても、心が穏やかに保て、もしかして慌てたり、腹が立ったり、悲しんだとしても、その自分も静観して、そしてまた元の自分に戻ってこれるのです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。