Return to site

制限という枠からでる!

ドイツ人はどうこのパンを食べるか

今日は何で、パンの写真と思われるかもしれません。

この写真に似たパン、ドイツでよく朝食で食べるパンです。大きさは7-8センチ、もう少し大きいかもしれません。

先月ドイツに行かれた方が、このパンはおいしくなかったとおっしゃいました。

このパンはフランスパンによく似ていて、中はふわふわもちもちなのです。

でも、日本でパンを食べるように、ちぎっていると、かたいので食べにくく疲れます。

どうやって食べるかというと、真ん中をスパッと横に切ります。縦でなく、横真一文字のような。

上と下とで切り分け、切ったらもちもちが出てきて、外パリパリ。だからおいしいのです!

日本では高いですが、ドイツではバターをたっぷりつけて、ハムやチーズ、ドイツ人は両方乗せるのではなく、チーズだったらチーズ、ハムの時はハムと分ける事が多い気がします。

スパッと横割りで、バターをたっぷり、チーズもきっちり乗せて。

本当は、周りを見たら(現地の人)食べ方がわかったり、事前にドイツの朝食などと検索していったらわかったかもしれません。

この方の感想はありのまま。知らなかったから、このホテルの朝食はおいしくないという評価が出ました。それでいいのですが、でも教えて差し上げたらよかったなと思いました。

でも、もしかして、自分がいつもしている通りに行動しないで、冒険してみて、まわりを見て、ドイツ人こうやって食べているんだ!じゃあやってみようって思ったら、そこでの評価、自分の旅は少しだけ、面白いものになっていたかもしれません。

パンはフランス料理を食べるように、ちぎって食べるのが普通だという概念を取り払って、その制限を超えたところで、経験してみると違ったかもしれません。

制限を取ってみたら、意外と楽しい事が待っていたりするもんですね。

特に旅は!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly