Return to site

思い込みの年月

髪を伸ばし始めたのはいつ頃からだったのでしょう。

小学生の頃、確か自分でここに行く!と近所の美容院にはじめて行ってカットしてもらった。

なぜなら、いつもその頃床屋さんに行かされていた。

多分、父についてとか、そんな記憶だったような気がします。

もう床屋さんに行くのはいやだから美容院に行くと言って自分で選んだ近所の店での出来事。

その店の人がものすごく髪の毛を短くしてしまったのです。

泣きそうになった私の顔を見て、お店の人は、じゃあピンカールを(パーマだったと思う)して

あげましょうという提案をしてくれたのです。

短い髪にピンパーマ、出来上がりはモンチッチでした。

若い方がモンチッチを知っているかどうかわかりませんが、モンチッチはおさるさんの人形でした。

それ以前の問題だったのですが、髪の短い私はワンピースやスカートはいていても、男の子?と

言われることがとても多かったのです。

今ならスカートをはく男子がいるのですが、あの当時、スカートをはいているのに男の子って何?と思っていました。憤慨していたのです 笑。

モンチッチで余計ひどくなり、小学生の私の目の前は真っ暗でした。

モンチッチの名誉もあるので言うと、おさるさんの人形はかわいく一世風靡していました。

そんなことがあったのですが、髪の毛を長くしたことがありませんでした。似合わないと思っていましたし、女性っぽい事がなんだか合わないと思っていました。

それで何年か前にはじめて長くしてみたのです。女性性が足りないのでは?とも思っていました。

ファッションにしても、髪が長ければ、何とかなると思っていました。

長いのは悪くないなと感じましたが、自分の性格がもっと内向的になってしまった気がしました。

違和感という言葉が一番合っているかもしれません。髪の毛に隠れている自分もいるような気がしました。

ずっと人間は外見ではないと思っていた自分が、長い髪の毛が便利とか、髪の毛を伸ばした事で

十分になり自分のおしゃれなども考えなくなっている事にふと気がつきました。

ある日ベリーショートの友人と会って、すごく素敵になっているのを見て、もうやめようと

思ったのでした。

髪の毛に頼ったり、髪の毛の後ろに隠れている自分がもう、うんざりしてしまいました。

 

次の日、美容院の予約をとって、日ごろお世話になっているHさんに自分の想いや、どんな自分を

想像するかを伝えて、思い通りになりました。彼の功績はすごいのです、本当に!

 

髪の毛にかこつけて、私は自分を制限して、発言をしなくなっていて、自分をうまく出せない年月がとても長かったように思えました。

 

こだわりだったつもりが、隠れ蓑になっていて。

 

まだどんな自分が自分だったのかを思い出すのには少し時間が必要です。

 

でも、無理しない、執着しない、楽であるありのままの自分が戻って来て、そしてそこに戻って

来られてよかったと思います。

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly