Return to site

自分を表現するには?

大切な自分だけのエッセンス

自分を表現するのは好きですか?

私はあまり得意な方ではありません。自分をアピールするのが少々苦手です。

でも自分がそんなに苦しくない気持ちで、楽でいられることが本当は大切だと思います。

アピールが苦手な人が自分を猛烈にアピールしなくてはならないならば、それは苦しくなると思います。

でも自分が得意な方面、自分が好きな色の範囲での表現でならうまくいくときがあります。

好きな事だからうまくいくのかもしれません。

ドイツは個人主義の国なので、自分を主張する事もあります。

一般に我慢をすることや協調性を求められないのである意味楽だと感じる事もあります。

自分でいられる事が大切だからです。

日本では和が求められたりしますから、和の中での自分をどうしても考えてしまいます。

ただドイツではその分、個性を大切にします。個という存在の自分をどう表現したり、自分という存在が中心です。

二つの国をいつも見ていますが、どちらがいいかとはなかなか言えません。

謙虚な日本人が素晴らしいと思いますし、周りを気にせず、好きなことは好きだと言えるドイツ人が好きです。

やはり、自分がよいと思う事、そして楽であるという在り方が大切かなと思います。

私は自己紹介の際、ドイツの存在を言うか言わない方がいいか迷う時があります。

以前、ドイツではこうなんだよって人に話した時、ドイツの話ばかりだよって言われたことがあります。

それで少し、ドイツの話よりも、私という個性について考えてみたことがあります。

でも、ドイツの生活やドイツ人の夫の存在があって、これを全くなくする方が不自然だと思いました。

確かにドイツありきの私ですが、一番大切なのは、どのエッセンスも自分であり、日本人であり、ドイツという国を知っているという事は個性でもあります。

それが私の場合は、国ですが、何でもいいと思います。

愛知県民だけれど、今神奈川県に住んでいるとか、どれもこれもいろんなエッセンスがありその人の色を作ります。

ですから誰一人同じ人はいません。

いろいろな違いは、その人の色、大切なエッセンスなのですよね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly