サイトへ戻る

身体の中からおいしく感じる

· ドイツ,life

ドイツの義母が何年か前の夏、スイカのスープを作ってくれました。

スイカ?スープ?

日本の食材では結びつかない組み合わせ。

 

今日それを思い出し、買い物にいきましたが、スイカのことをすっかり忘れて、ビーツが目にはいりました。

 

ドイツではお昼ご飯に温かいものを食べる習慣があります。(料理したもの)

 

お仕事をしている人は、夕飯にあたたかなものを作る人もいます。それぞれの家庭で違いますが、うちは、だいたいお昼。

 

では夕飯は何を食べるかというと、夕飯はいろいろな種類のハムやチーズなどと、パンです。

これは冷たい夕食と言われますが、朝と夕飯はそんな感じなのです。

 

主婦にとっては、時間を料理にずっと使う必要がないので、私は夕飯に軽いパン食はありがたいです。おなかにももたれません。(夫もこれには全く文句をいいません 笑)

 

温かい食事とは、日本食にあるような、何皿も出たり、ご飯とお味噌汁、種のものという感じではなく、肉や魚、と野菜です。

 

だいたい肉や魚にはソースがついています。

 

義母は私たちがくると頑張りますが、実は私の作るお寿司や、和食が大好きです。

 

そして時に、スープが昼ご飯の時もあります。

 

あれは暑い夏でしたが、今日はスイカのスープだよというので、えー、甘いのかな?とおもっていたのですが、確かに少し甘いですがおいしかったのです。

 

スイカと基本ヨーグルト。

 

種はとってから、ヨーグルトとバーミックスやミキサーでまぜるだけなのです。

 

スイカときゅうりを少しいれることもできます。

 

でも夏の身体にぴったり、身体を冷やす材料ですね。

 

今日のビーツのスープですが、それと全く作り方は同じです。

 

ビーツをゆで、ヨーグルト1パック、きゅうりをきざみ、少しのディル、塩コショウ。

 

ミキサーにかけ、お好みで豆乳や牛乳をいれて、濃さを調整。

 

それだけです。

 

これをキュウリのスープとして、ビーツのかわり、野菜ならなんでもできそうですね。

 

ビーツのばあいはショッキングピンクで、ヨーグルトの白がまざり、きれいなピンクになります。

 

トッピングにキュウリや、セロリや、ディルがあれば、塩、コショウなどとすれば、見栄えもとてもいいです。

 

この色と、添加物も何もない、身体がきもちいいーと言ってくれそうなそんな今日の夕食でした。

 

最近は暑くてあんまり動かない身体も、なんだか元気になった気がしました。

 

ちなみに、ブルガリア人のお友達が教えてくれた、ヨーグルトの水抜きしたものと、ディルを刻んだものを混ぜ、塩コショウ、もしくは、少しコンソメの粉を入れるだけでおいしいディップになります。

 

パンにつけたり、ドレッシングとして、野菜のディップにも。

 

食べることって本当にうれしいですね。

 

楽しくなります!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。