自分の軸を持ったのはいつ頃だろう?と考えます。

昔、初めて外国で暮らした時、自分と比べて、なんて外国の人たちは自分というものをしっかり持っているのだろうと思いました。

自分の意見とか、世界観をしっかり持っていました。

私は自分の道さえも、何もわからなく、私自身の意見があっただろうか?と思います。

でもその経験で、着飾るものや自分の外にあるものは何の役にも立たないという事がわかりました。

しかし、何年も経つと、それすらも忘れて、また自分の外に何かを求めていたりした月日が経ちました。

外に求めるというのが必要な時期もあるかもしれませんが、でも最終的に自分の内側を見つめるのがとても大切な事だと今はわかります。

自分の守護天使が誰だとか、守護霊はだれなのか、前世はだれだったのか。

それらをとても探していた時期もありました。

でも今は、今ここにある自分という事に一番興味が持てる気がします。

一番大切な自分の内側。あるがままの自分。

何かあるたびにそれを考えさせられるのです。

自分の在り方を考える。

外に答えを求めるのではなく、今の自分自身の内側にどんどん入るのです。

そして受け入れる。判断も何もなく、そのままで。

 

だから今の私は昔に比べたらとがっていない気がします。

 

夫にはいつも怒っているとか、怒るのが趣味など言われている私ですが、今の自分を受け入れて、何も判断しない。

 

そのままの私という事を教えてもらった、それがリコネクティブ・ヒーリング。

 

宇宙はいつも自分の中にあります。

 

外側ではないのです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly